昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県津野町(葉山村)
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号が県西部に上陸し、県下に大きな被害をもたらした。葉山村では、被害が村の東部の新土居、三間川、樺の皮、西谷地区に集中した。村道はずたずたに切られ、アスファルトはもぐらが持ち上げたようにでこぼこになり、田畑は川原のようになった。16日正午から17日午後10時までの雨量は484ミリ、17日13時~14時の時間雨量は74.5ミリを記録した。被害は死者1人、家屋11戸に及んだ。(災害記録、葉山村史による)
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、261頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨 死者 葉山村史
NO.
高知4215

よく似た災害

明治25年の台風

明治25年(1892)7月23日、台風により、新荘川筋大変。(「葉山村史」による) 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、吉野川大洪水。この時、麻植郡鴨島町牛島の堤防が決壊し、破堤部から石井町に向けて濁流が押し寄せ、浦庄、高原、高川原などが... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)、大風洪水により田畑海のようになった。溺死100余人、牛馬も同様。米、金を施与。 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日7ツ時(午後4時頃)及び7日4ツ時(午前10時頃)に、大地震があった。大地震で倒壊した家の下敷きになるなどして8人が死亡... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)、キジア台風による増水にため、大曲川右岸堤防が決壊し、田に濁流が流れ込み、池のようになった。写真2枚。 続きを読む