明治23年の台風

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県四万十町(十和村)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)9月11日、台風が宇和島付近から東北東に通過したため、本県中西部の各河川が増水し、被害は甚大であった。十和村では、十川橋が橋桁まで増水し、附近の高地にあった23戸を残して市街地の全部が浸水し、役場前の中央部は床下まで浸水するなどの記録が残されている。また、洪水のため、大井川の河内大明神や四手村の三嶋大明神、茅吹手の郷社などが被害を受けたことが棟札に記されている。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、262-264頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 洪水 四万十川
NO.
高知4216

よく似た災害

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、雨台風。中心が宇和島付近から東北東に通過し、本県中西部の各河川が増水し、被害甚大であった。特に本村の被害は未曾有の大... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こり、津波が来襲した。庄屋・川淵太惣兵衛が記録した須崎八幡宮の木札には、この時の地震・津波により損田592石、... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こり、津波が来襲した。庄屋・川淵太惣兵衛が記録した須崎八幡宮の木札には、この時の地震・津波により損田592石、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、高知市では堤防が切れたこともあり、市街地が浸水し12日間も冠水したままであったという記録が残っている。 続きを読む