明治23年の洪水

災害年月日
1890年09月10日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)9月、大洪水。資料が少なく、詳しいことは分かりにくいが、台風が九州、四国を横断し、9月9日にボツボツ雨が降り始め、10日と11日に暴風雨が続き、増水し続けた。大川筋地区では、平成17年9月の洪水で70戸、つまり全戸数の約4分の1の家が床上浸水したが、明治23年の時の水位はそれを2m上回っているので、想像を絶する程の洪水であったと思われる。
Googleマップ
参考文献
大川筋村誌編纂委員会編「村誌 川辺のふるさと大川筋」(大川筋村誌編纂委員会、2008年)、157-158頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
高知4358

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月9日午後3時頃より降雨が始まり、10日夜に雨がますます激しくなり、11日になって豪雨が物凄く、四万十川、後川の水量が増加し、... 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月26日、台風が九州南端に接近して、大川筋地域も暴風雨圏に入った。27日には朝から大暴風雨となり、増水したため、土地の低い所の... 続きを読む

明治44年の洪水

明治44年(1911)、吉野川洪水。この時の洪水は、徳島県では雨が降らないのに、吉野川上流の高知県で豪雨のため、下流で洪水となる「土佐水」であった。 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月26日より連日降雨となり、28日、29日は一層降雨が強くなったが、29日午後11時になって止んだ。吉野川では本支流とも29日... 続きを読む

文化13年の洪水

文化13年(1816)8月3日、仁淀川の洪水により中島堤防が決壊し、高岡町一帯は浸水した。堤防は去年の洪水でつくったものだった。(「燧袋」、「楠瀬大枝... 続きを読む