昭和21年の洪水

災害年月日
1946年07月29日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和21年(1946)7月29日、台風が四国西南部に達し、瀬戸内海を経て30日に日本海に出た。雨は28日20時頃より降り始め、29日8時頃より暴風雨と化し、30日6時頃全く平穏となった。具同地点での水位は9.8m、流量は11,511m/秒に達し、10年以来の大洪水となった。流域の被害は家屋の床下浸水2,500戸、耕地浸水3,300町歩、河川災害450万円、道路災害44万円に及んだ。中村町は内水により、浸水500戸となり、町内は舟を使う有様であった。(「河川総覧各論 渡川水系」による)
Googleマップ
参考文献
山本恒男編「渡川下流域における地形と洪水について」(山本恒男、1975年)、21頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 四万十川 内水被害
NO.
高知4442

よく似た災害

昭和29年の洪水

昭和29年(1954)9月13日午後、台風により暴風雨となった。雨量は県境山地で多く、東津野では600ミリを越え、渡川は洪水となった。具同での水位は2... 続きを読む

昭和23年の洪水

昭和23年(1948)7月6日午前7時、最高水位7mに達し、中村町は陸の孤島となり、早稲150町歩が全滅となった。 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風が襲来した。小松島市の被害は、家屋の全壊1戸、半壊22戸、大破9戸、床上浸水200戸、床下浸水352戸、... 続きを読む

昭和10年6月~7月の洪水

昭和10年(1935)6月26日から7月6日まで雨が続き、この間に100ミリを越す日が7日間となり、洪水害となった。被害は死者9人、負傷者12人、全潰... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日の阿久根台風により、大西町では1日雨量が350ミリに達して大洪水となり、河川の氾濫、堤防道路の決壊など大被害となった... 続きを読む