明治19年9月の風水害

災害年月日
1886年09月10日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月9日、東北の風が吹き、雨が大いに降って出水3、4尺に及び、10日午前に風勢ますます激しさを加えて、瓦を飛ばし、壁を破り、樹木を抜いた。ほとんど弘化3年、嘉永2年の暴風雨と同様で、潰家、半潰夥しく、中村町役場、旧中学校舎、裁判所人民控所等も倒壊し、その他住居に耐えない家は枚挙にいとまがない。また、不破八幡宮境内及び鳥居前の長曾我部元親が戦勝祈願のため植え付けたという松の名木は大部分が倒れた。
Googleマップ
参考文献
中村市社会教育研究同好会編「私達の郷土 中村市(地誌編)」(中村市社会教育研究同好会、発行年不明)、114-115頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
風水害 洪水 四万十川 不破八幡宮
NO.
高知4481

よく似た災害

大正14年の暴風

大正14年(1925)3月14日早暁、暴風が起こり、建築中の家屋倒壊2、3戸のほか、屋根瓦の飛散、塀の倒壊などは枚挙にいとまがない。大正13年に落成し... 続きを読む

明治32年の風雨

明治32年(1899)8月29日午後3時頃より雨降り、雷とどろき鳴らし、午後5時30分より大雨降り、6時30分頃風がますます烈し、新築の家でも瓦7、8... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、5日、地震が起き、津波が襲来した。この論文では、安政地震・津波に関する碑等として、観音山の津波記念碑、飛鳥神社境内の安... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、5日、地震が起き、津波が襲来した。この論文では、安政地震・津波に関する碑等として、観音山の津波記念碑、飛鳥神社境内の安... 続きを読む

明治19年9月の洪水

明治19年(1886)9月6日午後より降雨が始まり、10日午前になって風雨が猛烈となり、各戸は家財諸道具を高い所に移し、水揚がりの用意に忙殺された。こ... 続きを読む