明治23年の洪水

災害年月日
1890年09月09日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)9月9日午後3時頃より降雨が始まり、10日夜に雨がますます激しくなり、11日になって豪雨が物凄く、四万十川、後川の水量が増加し、町は瞬く間に浸水した。日没時の水位は明治19年の洪水を凌ぐこと1尺余となり、階上、高所にあげた家財道具も水に浸かり、家屋、器具、材木の流失は絶えなかった。人々は堂社に遁れ、墓地、山間に野宿し、惨状誠に言語に絶する程であった。この時の被害は、幡多郡全体で60余人、高岡郡で100余人に及んだ。
Googleマップ
参考文献
中村市社会教育研究同好会編「私達の郷土 中村市(地誌編)」(中村市社会教育研究同好会、発行年不明)、115頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
豪雨 四万十川 後川 洪水 死者
NO.
高知4482

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月9日午後3時頃から降雨が始まり、11日になって豪雨がものすごくなり、四万十川・後川の水量が頻りに増加し、上町、京町付近は瞬く... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃より東北の暴風雨となり、翌21日正午頃より水量ますます増加し、午後2時頃には家屋の浸水が始まり、家具、木材、... 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)7月10日、昨夜より雨が降り、説くに正午頃甚だしかった。このため、重信川は大出水となり、午後牛渕の南堤防が決壊して稲田を流出させ... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、洪水のため、渡川の水位は13,000立米/秒を記録し、これが後日渡川改修工事計画の対象洪水となった。「中村町風水害史... 続きを読む

明治23年の豪雨

明治23年(1890)9月9日午後3時頃より降雨が始まり、10日にはますます強くなり、11日には豪雨となっった。後川の水量が増加して6m余になる。浸水... 続きを読む