明治23年の洪水

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月9日午後3時頃から降雨が始まり、11日になって豪雨がものすごくなり、四万十川・後川の水量が頻りに増加し、上町、京町付近は瞬く間に浸水した。日没時には明治19年の洪水より1尺高くなり、階上、高所に揚げた家財道具もまた浸水し、家屋、器具、材木等の流失は絶えず、人々は堂社に逃れ、墓地山間に露宿した。避難途中の小船が南横町で転覆し、9人が亡くなったのは悲惨であった。また、為松で山崩れがあり、神宮の本殿が倒壊し、一人が圧死した。
Googleマップ
参考文献
中村町編「中村町風水害史」(中村町、1938年)、11-14頁及び47頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水 避難船転覆 山崩れ 死者
NO.
高知607

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、洪水のため、渡川の水位は13,000立米/秒を記録し、これが後日渡川改修工事計画の対象洪水となった。「中村町風水害史... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月9日午後3時頃より降雨が始まり、10日夜に雨がますます激しくなり、11日になって豪雨が物凄く、四万十川、後川の水量が増加し、... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月26日より連日降雨となり、28日、29日は一層降雨が強くなったが、29日午後11時になって止んだ。吉野川では本支流とも29日... 続きを読む

明治35年9月の洪水

明治35年(1902)9月7日~8日の水位最高点は吉野川本流で1丈3尺2寸、支流で2丈7尺となった。浸水が始まったのは8日午前10時40分、東黒田村の... 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)9月4日より大雨降りしきり、5日午後10時頃より出水し始め、6日午前2時頃止み、最高17尺余りの増水となった。池田繋船場の小船9... 続きを読む