明治23年の洪水

災害年月日
1890年07月20日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)7月20日、台風のため、屋敷の低い家屋は高台へ家財道具や牛馬を避難させて万一の大洪水に備えた。21日になって時化はますます荒れ狂い、水は刻々と増してきた。翌日、麻生堰が流失した。
Googleマップ
参考文献
森栄著「渡川災害史と治水運動」(森栄、1987年)、60-73頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 後川 麻生堰流失
NO.
高知4506

よく似た災害

明治19年の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日にはますますその度を加え、22日に最も甚だしくなり、被害も多かった。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日ますますその度を加え、22日に最も甚だしく、幡多郡では大洪水による被害が多かった。... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日朝から大雨が降り出し、強風も加わり、夜になって雨はますます激しくなった。阿讃山脈から流れ出る流水により、川はいっぱいにな... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北風の暴風雨となり、21日にはますます猛烈となり、正午頃から水量増加、午後2時頃家屋浸水、家具、木材、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震に起因する地盤沈下により、日下川流域の水害はますます深刻になった。 続きを読む