大正9年の石見寺山の崩壊

災害年月日
1920年08月16日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
土砂災害  
概要
大正9年(1920)旧暦7月3日の晩、集中豪雨のため、石見寺山が崩壊し、土石流により4人が犠牲になった。
Googleマップ
参考文献
森栄著「渡川災害史と治水運動」(森栄、1987年)、86-89頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
集中豪雨 石見寺山崩壊 土石流 死者
NO.
高知4508

よく似た災害

平成16年の台風15号による土砂災害

平成16年(2004)8月17日~18日、台風15号による豪雨のため、新居浜市郷地区の楠崎川流域で土石流が発生し、下流で1人が犠牲になった。 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月11日、台風による豪雨のため、木頭村久井谷の新九郎山(標高1,635m)が崩壊し、平では土石流により6人が生き埋めになる惨事... 続きを読む

昭和47年の比島山の崩壊

image

昭和47年(1972)9月15日、豪雨により比島山が崩壊し、住家8棟が押しつぶされた上、火を出して10人が死亡した。(写真1枚) 続きを読む

宝暦12年の水害

宝暦12年(1762)、四万十川の水害のため、8人が犠牲になった。 続きを読む

寛政4年の水害

寛政4年(1792)、四万十川の水害のため、11人が犠牲になった。 続きを読む