大正9年の洪水

災害年月日
1920年07月02日
市町村
愛媛県愛南町(城辺町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)7月2日、集中豪雨のため、蓮乗寺川は氾濫し、僧都川は至る所で堤防が決壊し、田畑を押し流し、人家を襲った。また、海岸地帯では各所でがけ崩れが起こり、特に大浜では山津波となった。この山津波のため、死者3人を出した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
城辺町誌編集委員会編「城辺町誌」(城辺町、1966年)、32-33頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 蓮乗寺川 僧都川 山津波 死者
NO.
愛媛1391

よく似た災害

大正元年のがけ崩れ

大正元年(1912)9月23日、台風により、池田町川崎でがけ崩れが起こり、被害は死者4人に及んだ。(吉野川上・中流域の主な土砂災害による) 続きを読む

昭和47年の繁藤豪雨

昭和47年(1972)7月4日~5日、梅雨末期の豪雨のため、土佐山田町繁藤で大規模な山崩れが起こり、県内の死者は61人に及んだ。須崎市では、国道56号... 続きを読む

平成5年10月の崖崩れ

平成5年(1993)10月9日、前線による大雨のため、山城町西宇でがけ崩れが起こり、国道32号は全面通行止め29日、片側通行129日に及んだ。(吉野川... 続きを読む

昭和16年のがけ崩れ

昭和16年(1941)10月1日、台風により、大豊町でがけ崩れが起こり、被害は死者7人に及び、土讃線が3日間不通になった。(吉野川上・中流域の主な土砂... 続きを読む

平成5年7月のがけ崩れ

平成5年(1993)7月28日、台風5号により、山城町下名でがけ崩れが起こり、被害は死者2人、家屋全壊1戸に及んだ。(吉野川上・中流域の主な土砂災害に... 続きを読む