大正9年7月の洪水

災害年月日
1920年07月24日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)7月24日、台風により、物部川は大出水となり、山田堰は甚大な被害を受け、右岸戸板島地先(堰留神社付近)及び左岸吉川地先の2箇所の堤防が決壊し、家屋の流失や農地への被害が発生した。
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・高知県編「物部川水系河川整備計画」(国土交通省四国地方整備局・高知県、2010年)、14-15頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 物部川 洪水 山田堰 堤防決壊
NO.
高知4702

よく似た災害

大正9年8月の洪水

大正9年(1920)8月16日、台風により、物部川の洪水により、本村吉原及び吉川の堤防延長270~280間(500m程)が決壊した。(「吉川村史」によ... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日から24日まで、台風による豪雨が続き、松山地方の年平均雨量の5ヶ月に相当する540ミリの雨量となった。23日朝には重信... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日から24日まで、台風による豪雨が続き、松山地方の年平均雨量の5ヶ月に相当する540ミリの雨量となった。23日朝には重信... 続きを読む

昭和6年9月の洪水

昭和6年(1931)9月26日、台風による豪雨のため、日和佐川は増水して各所の堤防が決壊し町中が一気に浸水した。右岸では西河内小学校上手で堤防が数十間... 続きを読む

享保9年9月の高潮

享保9年(1724)9月、高潮により、大三島の島内241箇所の海岸の堤防が決壊した。 続きを読む