大正9年8月の洪水

災害年月日
1920年08月16日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)8月16日、台風により、物部川の洪水により、本村吉原及び吉川の堤防延長270~280間(500m程)が決壊した。(「吉川村史」による)/7月24日の台風と今回の台風で戸板島のお岩権現の鳥居先より馬越の上方まで決壊し、家屋1軒流失。(「土佐山田町史」による)
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・高知県編「物部川水系河川整備計画」(国土交通省四国地方整備局・高知県、2010年)、14-15頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 物部川 洪水 堤防決壊
NO.
高知4703

よく似た災害

大正9年7月・8月の台風

大正9年(1920)7月24日及び8月16日、2回の台風による洪水のため、戸板島で決壊、家屋流失1戸、吉川村で堤防決壊164間。 続きを読む

大正9年7月の洪水

大正9年(1920)7月24日、台風により、物部川は大出水となり、山田堰は甚大な被害を受け、右岸戸板島地先(堰留神社付近)及び左岸吉川地先の2箇所の堤... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月20日、9月10日、17日、24日と4回の台風が襲来し、物部川の堤防が300間と150間の2箇所決壊した。 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)7月、8月、台風により、家屋流失1戸、吉川村で堤防決壊164間。(物部川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

昭和25年のジェーン台風・キジア台風

昭和25年(1950)9月3日、ジェーン台風により園瀬川の堤防が法花で決壊して洪水となり、所谷の下の鳥居(とん)の本の橋の高さまで水が来た。大松でも勝... 続きを読む