明治25年の洪水

災害年月日
1892年07月26日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)7月26日、洪水により、右岸堤防3丁決壊、家屋流失3戸、死者1人、原野・畑の流失合計数十町歩。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、156頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 物部川 堤防決壊 死者
NO.
高知4763

よく似た災害

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月26日、洪水により、物部川の右岸堤防3丁決壊、家屋流出3戸、死者1人、原野・畑の流失合計数十町歩。(物部川の主な洪水の歴史に... 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月26日、台風により、物部川の右岸堤防3丁(327m)決壊し、家屋流失3戸、死者1人、原野・畑の流失合計数十町歩。(「高知工事... 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)9月5日、佐馬地川で大洪水。馬路川洪患志によると、5日午前10時過ぎ、台風が徳島県南部に上陸し、徳島市西方を通って北に抜けたため... 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日~8日、暴風雨により、水位が平水より10尺増水した。被害は田畑浸水数十町歩、家大破1戸、道路4箇所15~20県、橋の流失... 続きを読む

明治26年の洪水

明治26年(1893)10月14日午前4時頃、数日来の風雨と豪雨により、蒼社川、頓田川、谷山川などの河川が決壊し、全市域に壊滅的な被害をもたらした。蒼... 続きを読む