大正15年の台風

災害年月日
1926年09月14日
市町村
高知県物部川流域
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)9月14日、台風による洪水のため、佐岡地区の橋梁はすべて流失、谷川沿いの田畑、堤防、用水路の決壊・流失多数あり。
Googleマップ
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、156頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 佐岡 堤防決壊
NO.
高知4768

よく似た災害

大正14年の集中豪雨

image

大正14年(1925)9月14日午後5時頃から9時頃までの集中豪雨による洪水で、佐岡、新改、繁藤に大きな被害が出た。佐岡地区では県道山田大栃線に架けら... 続きを読む

昭和28年の台風

昭和28年(1953)9月25日、台風(最低気圧983.4mb)により田畑冠水145町、浸水430町、流失0.6町、埋没1町、西の岡排水路100m決壊... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)、暴風雨により、農地の浸水・流失・埋没8,148ha、農道の決壊・流失408箇所、延長15.7km、水路の決壊・流失264箇所、... 続きを読む

文政12年の洪水

文政12年(1829)7月17日~18日、大川筋、小川筋など出水多く、川辺の春おこしの田はすべて流失。人畜の被害なし。 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)8月29日から30日にかけて暴風雨。田畑の埋没・流失のほか、森庄川橋、伊豆川橋、伊豆川支流沿いの水車小屋が流失した。北浦、渕崎で死... 続きを読む