大正15年の台風

災害年月日
1926年07月07日
市町村
愛媛県今治市(大西町)
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)7月7日、大暴風雨により、堤防、橋等の被害大。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大西町誌編纂委員会編「大西町誌」(大西町、1977年)、13頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛2956

よく似た災害

大正9年5月の台風

大正9年(1920)5月7日、暴風雨により、風速20.0m/秒、雨量150ミリを記録。河川の氾濫、農作物の被害大。(「愛媛県史」による) 続きを読む

大正4年9月の台風

大正4年(1915)9月8日、大暴風雨により、西村地区では海岸地帯に被害が出た。 続きを読む

大正10年の台風

大正10年(1921)秋、大暴風雨により、河内谷の濁水が急流となる。芝生坂の上で被害。 続きを読む

大正7年9月の台風

大正7年(1918)9月14日、暴風雨により西村の被害多し。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日~24日、大暴風雨。安芸郡の被害が最大であった。 続きを読む