昭和34年の台風6号

災害年月日
1959年08月08日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)8月8日、台風6号が九州、四国南端をかすめた。6日~8日の雨量は大正415ミリ、大野見484ミリ、梼原468ミリで、具同の水位は8日22時に6.52mとなった。上町地先外3箇所の護岸・根固等で2,414万円余の被害。高知新聞によると、中筋川流域の水田200haが冠水、中村市荒川で国道が冠水した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局中村工事事務所編「渡川改修四十年史」(四国建設弘済会、1970年)、650頁
情報源の種類
事業誌
キーワード
台風 洪水 中筋川 国道56号
NO.
高知5041

よく似た災害

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)、台風6号により、中筋川流域の水田200haが冠水、中村市荒川の国道が浸水。(高知新聞による)/上町地先3箇所の護岸・根固等が2... 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月28日~29日、台風16号により、被害は漁港の護岸2箇所250万円、港湾の護岸3箇所62万円、道路2箇所50万円、床下浸水1... 続きを読む

昭和35年の台風

昭和35年(1960)8月28日~29日の台風により、伊方町の被害は漁港施設の護岸2箇所250万円、港湾施設の護岸3箇所62万円、道路2箇所50万円、... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月16日~17日、台風5号により、玉川町で雨量147ミリ(町役場)、道路5箇所、農業施設12箇所、農産物4,189万円余の被害... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日~16日の台風により、伊方町の被害は港湾施設の護岸・突堤3箇所、漁港施設の護岸4箇所、防波堤2箇所1,070万円、非住... 続きを読む