明治11年の洪水

災害年月日
1878年09月08日
市町村
徳島県阿南市(羽ノ浦町)
災害種類
風水害  
概要
明治11年(1878)9月8日、洪水により万代堤が決壊したため、古毛大須賀西端付近で10軒程の家屋が流失した。
Googleマップ
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
羽ノ浦町誌編さん委員会編「羽ノ浦町誌 自然環境編」(羽ノ浦町、1996年)、140頁及び142頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 万代堤決壊
NO.
徳島2250

よく似た災害

明治35年の洪水

明治35年(1902)9月、洪水により鎌保庵東方の2戸の家が流され西の首の竹やぶにかかって止まった。この時、隣家4戸は流失した。また、東川原では24戸... 続きを読む

明治43年の洪水

明治43年(1910)9月20日より22日夕方まで大雨、大洪水。山城谷村では数箇所崩壊し、川口では一家5人が埋没して死亡し、2戸が流失した。また、相川... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、大洪水のため、紅葉橋が流失し東に流れ、新月橋の南の田の上を流れた後に柳原橋付近で鏡川に戻り、天神橋に激突し天神橋の中程... 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、旭では台風により旭川が大洪水となり、神田大橋が流失した。また、生実では川北の家屋が流失し、地盤被害等が出た。 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、旭では台風により旭川が大洪水となり、神田大橋が流失した。また、生実では川北の家屋が流失し、地盤被害等が出た。 続きを読む