明治23年の洪水

災害年月日
1890年09月11日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)9月11日頃、南島・柳島の堤防が決壊し、中野島村が全村水没した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
羽ノ浦町誌編さん委員会編「羽ノ浦町誌 自然環境編」(羽ノ浦町、1996年)、140頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 那賀川 堤防決壊 中野島村
NO.
徳島2282

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)、寅年の洪水により、南島新車と柳島外萩の堤防80間が決壊し、中野島村が全村水中に没し、南島、岡、中原はほとんど荒れ地になり、稲作... 続きを読む

明治23年8月の洪水

明治23年(1890)8月、那賀川下流で南島と柳島の堤150mが切れ、中野島全村水没、家屋10戸流失、死者数人。 続きを読む

明治45年の洪水

明治45年(1912)、重信川北岸堤防が決壊し、龍沢泉が埋没した。(東温市の水利年表) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、暴風雨により、石手川の堤防が決壊し、死者10数人、石手村ほか4ヶ村が浸水した。また、重信川上村でも堤防が決壊し、温泉... 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)、4、5日降り続いた雨により、物部川が氾濫し、竹が鼻の堤防が決壊し、濁水が三島村を荒廃させた。 続きを読む