嘉永2年の酉の水

災害年月日
1849年08月25日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月8日~11日の大雨は、酉の水または阿房水と呼ばれている(「徳島県災異誌」)。那賀川北岸の羽ノ浦では、万代堤が破壊され、濁流が田畑に砂を入れるなどしたが、平島では一部が浸水した程度で、さほどの損害もなかった。那賀川南岸では被害記録は見出せないが、見能林村には同年12月に5軒13人が困窮のため援助を求めた記録があることから、ある程度の被害が出ていたことはたしかである。(「見能林村志」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第2巻」(阿南市、1995年)、371頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
酉の水 阿房水 万代堤 那賀川 見能林
NO.
徳島2642

よく似た災害

安政4年の八朔水

安政4年(1857)8月1日の水害は、吉野川流域では大被害を生じ、八朔水と呼ばれているが(「徳島県災異誌」)、阿南地方ではさほどの被害をもたらさなかっ... 続きを読む

嘉永2年の酉の水

嘉永2年(1849)7月8日から11日まで大風雨が続き、「蜂須賀家記」によると「水は勝瑞村一円に溢れ、人家が漂流した」とある。旧吉野川筋の板東村(鳴門... 続きを読む

嘉永2年の酉の水

嘉永2年(1849)7月15日より数日、霖雨が降り続き、榎瀬村では川の堤防が破壊され村内一円が浸水した。酉の大水と言う。 続きを読む

嘉永2年の酉の水

嘉永2年(1849)7月8日、酉年の大水、城下にあふれる。大風雨は11日まで続き、板野郡誌は旧吉野川の板東で100間が破堤、水位は地上平均7尺と記し、... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)7月1日からの大風雨で、6日、7日は前代未聞の洪水となり、七夕水と名付けられた。那賀川の洪水は大きく、桑野川の堤防が富岡の下で切れ... 続きを読む