慶応2年の寅の水

災害年月日
1866年09月14日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月6日、寅の大水。天明5年(1785)及び6年以来最大の洪水で、富岡の商店では全ての品物に水が入り、特に酒屋、油屋は大損害をこうむった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中野島小学校編「中野島の姿 第一輯」(中野島小学校、1951年)、17頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
寅の水 富岡
NO.
徳島2724

よく似た災害

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日より雨が降り始め、7日から8日にさらに大雨となった。綾南町畑田地区の本津川流域では、海のように水をたたえ、舟で避難往来する... 続きを読む

明治29年の洪水

明治29年(1896)8月30日、本県に暴風雨あり、午後4時より10時までが特に烈しく、南境山岳部の雨量は北部海岸地の2、3倍に達し、洪水が氾濫して、... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)7月末から8月初めにかけての吉野川の大洪水は、「寅の水」と言われ、讃岐山脈の裾野から四国山地の裾野まで見渡す限りの水面であったとい... 続きを読む

昭和27年3月の強風

昭和27年(1952)3月23日~24日、季節風のため、県下の最大風速は22.2m/秒を記録し、海岸地帯で多大の被害をこうむった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)3月から5月にかけて70日にわたって長雨が続き、麦の収穫が皆無となり、菜種も大被害をこうむった。 続きを読む