昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月07日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月7日、台風17号が九州に上陸した。徳島県では約7日間にわたる記録的な豪雨となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 下巻」(小松島市、1988年)、574頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨
NO.
徳島2837

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号が鹿児島県屋久島付近で足踏みし、豪雨が数日にわたり記録的な豪雨となった。日高村、伊野町で浸水家屋の被害が出... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)、台風17号により、9月8日~12日までの5日間の降雨量が、平地で700~800ミリ、山間部で1,000ミリを超える記録的な豪雨... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号が梅雨前線を刺激し、小豆島では数時間にわたって毎時40~70ミリの記録的な集中豪雨となった。福田地区では死者が... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月11日、台風5号が高知県西南部に上陸し、伊予灘に抜けた。窪川地域では台風通過後に南の強風が長時間にわたって吹き込み、大雨とな... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号が鹿児島県屋久島付近で足踏みし、豪雨が数日にわたり記録的な豪雨となった。南国市内では白木谷・蒲原の山崩れ、... 続きを読む