大正10年の台風

災害年月日
1921年07月13日
市町村
徳島県上勝町
災害種類
風水害  
概要
大正10年(1921)7月13日、台風により旭川が大洪水となり、神田大橋は流失した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上勝町誌編纂委員会編「上勝町誌」(上勝町、1979年)、394頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 旭川 神田大橋
NO.
徳島2990

よく似た災害

大正10年の台風

大正10年(1921)7月13日、台風により旭川が大洪水となり、神田大橋は流失した。 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、旭では台風により旭川が大洪水となり、神田大橋が流失した。また、生実では川北の家屋が流失し、地盤被害等が出た。 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、旭では台風により旭川が大洪水となり、神田大橋が流失した。また、生実では川北の家屋が流失し、地盤被害等が出た。 続きを読む

明治42年の洪水

明治42年(1909)、旭川の洪水のため神田大橋が流失した。 続きを読む

明治42年の洪水

明治42年(1909)、旭川の洪水のため神田大橋が流失した。 続きを読む