慶応2年の洪水

災害年月日
1866年09月15日
市町村
徳島県北島町
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月7日、未曾有の洪水により破堤し、鯛浜付近で損田15町歩、秋作田畑皆無、転家流失家屋数十戸、流死数十人の被害が出た。(「板野郡誌」による)
Googleマップ
備考
慶応2年の洪水を機に、鯛浜村の新見嘉次郎は、旧吉野川と今切川に堤防を築くことを決意し、明治5年に完成させた。鯛浜に新見嘉次郎の功績碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北島町史編集委員会編「北島町史」(北島町、1975年)、238頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 破堤 鯛浜 死者 徳島県災異誌
NO.
徳島3236

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日の吉野川の洪水は浸水範囲が広範囲に及んだ。水嵩は田地面の上1丈で、溺死9名、流失家屋73戸、半壊家屋83戸の被害が出た。... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日、洪水により、加茂川が決壊し、死者16人、流失家屋数戸、稲作被害多し。(「新居郡誌」による) 続きを読む

宝暦7年の洪水

宝暦7年(1757)7月17日、洪水。7月26日及び27日、また大風雨、田畑被害板野郡全村に及ぶ。(「蜂須賀家記」、「板野郡誌」による)板野郡全村水害... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)7月27日午後1時、大洪水により、流失家屋は数十戸、人畜の死傷は夥しい数にのぼった。 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)9月5日、佐馬地川で大洪水。馬路川洪患志によると、5日午前10時過ぎ、台風が徳島県南部に上陸し、徳島市西方を通って北に抜けたため... 続きを読む