慶応2年の寅の水

災害年月日
1866年09月13日
市町村
徳島県阿波市(吉野町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月5日から三日三晩降り続いた雨が大洪水になり、知恵島が全部浸水したのはもちろん、柿原・島田の庚申堂まで浸水したという。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
柿島村誌編集委員会編「柿島村史」(柿島村誌刊行会、1961年)、192頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 知恵島 庚申堂
NO.
徳島3678

よく似た災害

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)7月末から降り始めた霖雨は、次第に大雨となり、8月7日夕方には古来稀な大水となった。吉野川は増水し、土地の高いところでも床上2、3... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)7月末から8月初めにかけての吉野川の大洪水は、「寅の水」と言われ、讃岐山脈の裾野から四国山地の裾野まで見渡す限りの水面であったとい... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月、寅の大水、七夕水という。(「板野町史」による) 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月7日、「寅の水」と言われる洪水。徳島市国府町の蔵珠院の板戸には洪水痕跡が残されている。同寺の過去帳によると、痕跡は座上2尺で、... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)、隣村の川田村で吉野川が破堤し、死者250人を出したということから、学島村地域はもちろん川島町地域にも影響があったものと推測される... 続きを読む