慶応2年の寅の水

災害年月日
1866年09月00日
市町村
徳島県那賀川流域
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月、洪水により、家ごと4kmも流されながら奇跡的に助かった一家を描いた絵馬が阿南市の城山神社に残されている。
Googleマップ
備考
城山神社には奉納した絵馬の複製が掲げられている。
参考画像
参考文献
国土交通省四国地方整備局那賀川河川事務所編「悠久の那賀川」(国土交通省四国地方整備局那賀川河川事務所、2004年)、12頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 那賀川 絵馬 城山神社
NO.
徳島6961

よく似た災害

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月1日から昼夜を分かたず降り続いた大雨は、7日夕方ついに未曾有の大洪水となった。これが今も洪水史に残る「寅の水」である。徳島市国... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月5日より大雨が続き、7日夜に風雨ますます激しくなり、大水になった。上大野町の医師・岸玄碩先生が城山神社に奉納した絵馬には、那賀... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月5日から大雨が降り始め、7日夜に大洪水が発生した。この時の洪水痕跡が徳島市国府町の蔵珠院に残されている。痕跡は畳から2尺、寺の... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月5日から大雨が降り始め、7日夜に大洪水が発生した。この時の洪水の痕跡が徳島市国府町の蔵珠院に残されている。痕跡は茶室の畳から2... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月7日、「寅の水」と言われる洪水。徳島市国府町の蔵珠院の板戸には洪水痕跡が残されている。同寺の過去帳によると、痕跡は座上2尺で、... 続きを読む