昭和35年のチリ地震津波

災害年月日
1960年05月24日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和35年(1960)5月24日、まだ明けやらぬ時刻に、チリで起きた地震による津波が太平洋岸に押し寄せた。須崎では午前5時から6回にわたり、2m近い津波が押し寄せた。この文章には当時の津波被害の様子が具体的に記され、写真も掲載されている。
Googleマップ
備考
須崎橋には津波之碑が建立されている。
参考画像

参考文献
吉本五郎「チリ津波の思い出」(須崎史談会「須崎史談第81号」1989年)、64-67頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
チリ地震 津波
NO.
高知372

よく似た災害

昭和35年のチリ地震津波

image

昭和35年(1960)5月24日、まだ明けやらぬ時刻に、チリで起きた地震による津波が太平洋岸に押し寄せた。須崎では午前5時から6回にわたり、2m近い津... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日早朝、前日午前4時11分にチリ沖で発生した地震による津波が毎秒200mの速さで日本の太平洋沿岸に来襲した。高知県地方で... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月23日4時11分頃、南米チリ沖で大地震が発生し、24時間後の24日早朝に津波が日本全域の太平洋岸に来襲した。本県に津波の第一... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日早朝、南米チリ中部沖で起こった大地震による大津波が押し寄せ、特に東北、北海道で大被害があった。本県では小松島に4時10... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日早朝、南米チリ中部沖で起こった大地震による大津波が押し寄せ、特に東北、北海道で大被害があった。本県では小松島に4時10... 続きを読む