昭和35年のチリ沖地震津波

災害年月日
1960年05月24日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和35年(1960)5月24日、チリ沖地震津波により、須崎で浸水215ha、被災家屋1,137戸の被害が出た。
Googleマップ
備考
須崎橋には津波之碑が建立されている。
参考画像

参考文献
伊藤和央「須崎港津波防波堤の建設」(土木学会水工学委員会編「水工学に関する夏期研修会講義集Vol..33」1997年)、2-3頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
チリ沖地震 津波
NO.
高知419

よく似た災害

昭和35年のチリ沖地震津波

昭和35年(1960)5月24日、チリ沖地震津波により、須崎で浸水215ha、被災家屋1,137戸の被害が出た。 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日、チリ地震津波により、住家の全壊9世帯、半壊35世帯、床上浸水591世帯、床下浸水315世帯の被害が出た。須崎市に災害... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日、チリ地震津波により、住家の全壊9世帯、半壊35世帯、床上浸水591世帯、床下浸水315世帯の被害が出た。須崎市に災害... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

image

昭和35年(1960)5月24日、チリ地震津波が襲来した。日本時間の23日午前4時10分に南米チリ沖で発生したM8.75の大地震に伴う津波が、ほぼ1日... 続きを読む

昭和35年のチリ沖地震津波

昭和35年(1960)5月23日、チリ沖地震が起こり、地震の翌日24日から津波が日本各地に押し寄せ、多大な被害を出した。高知県の被害は負傷者1人、建物... 続きを読む