天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
天武13年(684)10月14日、大地震と津波が起こった。日本書紀によると「国挙りて男女叫び唱ひて不知東西ひぬ。則ち山崩れ河涌く、諸国の郡の官舎、及び百姓の倉屋、寺塔神社、破壊れし類、勝て数ふべからず、之に由ちて、人民及び六畜、多に死傷はる。時に伊予温泉、没れて出でず。土左国の田苑五十万項(約1,200ha)、没れて海と為る」。地震の震源は室戸岬沖で、相当広い範囲にわたり被害があったと考えられるため、徳島でもその影響を受けていたことが想像されるが、それを示す資料は見つかっていない。
Googleマップ
参考文献
猪井達雄、澤田健吉、村上仁士著「徳島の地震津波-歴史資料から-」(徳島市立図書館、1982年)、24-25頁
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
白鳳地震 津波 日本書紀 死者
NO.
徳島246

よく似た災害

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、白鳳の地震が発生した。土佐沖大地震とも言われているが、阿波国内でも相当の被害があったという。(「阿淡年表秘録」、... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖で地震が起こり、被害は広大な地域にわたり、また大津波を伴った。土佐の田園50余万頃(約10平方km)没し... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、「続日本記」によると、「土佐国の田苑五十余万頃(五十万町)没して海となる」と記されている。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、土佐国田苑50万頃が陥没し、さらに11月3日の余震で大津波があった。この地震で黒田郷が消え去ったと伝え... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日22時頃、地震が発生した。日本書紀には「人定(亥の刻)に至りて、大きに地震る。国こぞりて男女叫び唱いてまどいぬ。則... 続きを読む