天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
天武13年(684)10月14日、M8.4の地震が起こり、記録に残る我が国最古の津波が高知沿岸を襲った。日本書紀によると、午後8時頃に大地震が起こり、高知をはじめ南海・倒壊・西海諸道の役所、神社や寺が壊れ、人や家畜に多くの被害が出た。今の道後温泉にあたる伊予の温泉では湯が出なくなり、高知では1,200haが地盤沈下し、田畑一面浸水した。また、高知の貢ぎ物を多恨でいた船が大津波で多数沈没したようである。(本書所収の村上仁士「須崎の地震津波」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市編「南海・チリー地震津波録 海からの警告」(須崎市、1995年)、103-104頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
白鳳地震 津波 日本書紀 道後温泉 地盤沈下
NO.
高知628

よく似た災害

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の地震が起こり、記録に残る我が国最古の津波が高知沿岸を襲った。日本書紀によると、午後8時頃に大地震が起こり、... 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の地震により、高知では約12平方kmの地盤沈下が起こり、田畑が海中に没した。また、この時の津波により、貢物を... 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の地震により、高知では約12平方kmの地盤沈下が起こり、田畑が海中に没した。また、この時の津波により、貢物を... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)、M8.4の白鳳地震。高知で津波により貢物を運ぶ船が沈没。日本最古の津波記録。(「日本書紀」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)、M8.4の白鳳地震。高知で津波により貢物を運ぶ船が沈没。日本最古の津波記録。(「日本書紀」による) 続きを読む