仁和3年の地震

災害年月日
0887年00月00日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
仁和3年(887)、紀伊半島沖を震源とするM8.6の巨大な地震が起こった。大津波が四国、紀伊半島及び大阪湾一帯を襲い、溺死者が多く、中でも大阪が最も大きな被害を受けたという記録が残っている。徳島でも多くの被害があったと考えられるが、それを示す記録はない。
Googleマップ
参考文献
猪井達雄、澤田健吉、村上仁士著「徳島の地震津波-歴史資料から-」(徳島市立図書館、1982年)、25頁
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
仁和地震 津波 死者
NO.
徳島247

よく似た災害

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、京都で官庁、寺院が多数倒壊し、多くの圧死者を出した。また、大津波が四国、紀... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、京都で官庁、寺院が多数倒壊し、多くの圧死者を出した。また、大津波が四国、紀... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生し、四国、紀伊半島、大阪湾一帯が津波に襲われたが、四国の詳細な被害の記録は残されていない。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生し、四国、紀伊半島、大阪湾一帯が津波に襲われたが、四国の詳細な被害の記録は残されていない。 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)の地震により、鞆浦で波高10丈(約30m)の津波があったという記録が残っている。 続きを読む