仁和3年の地震

災害年月日
0887年08月22日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
仁和3年(887)7月30日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、京都で官庁、寺院が多数倒壊し、多くの圧死者を出した。また、大津波が四国、紀伊半島及び大阪湾一帯を襲い、多くの溺死者が出たが、中でも大阪の被害が最も大きかったようである。震源、地震の規模からみて、高知にも被害があったはずであるが、その記録は見つかっていない。(本書所収の村上仁士「須崎の地震津波」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市編「南海・チリー地震津波録 海からの警告」(須崎市、1995年)、104頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
仁和地震 死者 津波
NO.
高知278

よく似た災害

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、京都で官庁、寺院が多数倒壊し、多くの圧死者を出した。また、大津波が四国、紀... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)、紀伊半島沖を震源とするM8.6の巨大な地震が起こった。大津波が四国、紀伊半島及び大阪湾一帯を襲い、溺死者が多く、中でも大阪が最も大... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)、M8.6の地震により、大津波が四国、紀伊半島、大阪湾一帯を襲い、多くの溺死者を出した。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)、M8.6の地震により、大津波が四国、紀伊半島、大阪湾一帯を襲い、多くの溺死者を出した。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生し、四国、紀伊半島、大阪湾一帯が津波に襲われたが、四国の詳細な被害の記録は残されていない。 続きを読む