安政元年の南海地震

災害年月日
1854年00月00日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  火災  
概要
嘉永7年(1854)、M8.4の安政南海地震が発生した。この研究では、安政南海地震による徳島市の被害を記録した歴史史料をもとに、地震被害を抽出、再整理し、被害の空間分布を示している。これによると、住吉、内町、富田、福島など干拓地で特に被害が大きく、津田、二軒屋など山の近くは被害がなかった。また、火災は市中の各所で発生し、死者73人などの被害が出ていた。さらに、津波は河川への遡上が確認され、津波高は1.5~1.8m、新町では津波で6人の死者が出ていた。
Googleマップ
参考文献
大谷寛・上月康則・黒木裕介・村上仁士「安政南海地震による徳島市の被害」(土木学会四国支部編「土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集Vol.10」(土木学会四国支部、2003年、所収)76-77頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政地震 歴史史料 火災 死者 津波
NO.
徳島284

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震が発生した。これまで安政南海地震による鳴門市周辺の被害実態は十分には明らかにされていなかったが、平成19年... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)、南海地震が発生した。海陽町宍喰に現存する古文書「震潮記」には安政南海地震による約1年間に及ぶ余震の記録が残されている。この研究で... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、M8.4の地震が起き、高知県・徳島県の沿岸部では地震・津波両面の被害を受けた。この安政南海地震発生の32時間前に安政東... 続きを読む