安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震・津波が宍喰を襲った。この時の状況を、当地の元組頭庄屋・田井久左衛門宣辰が「震潮記」に克明に書き残している。また、この書には安政南海地震発生前日、つまり安政東海地震発生日から約1年間にわたる余震に関する詳細な記述がなされている。このため、この研究では、「震潮記」をもとに、安政南海地震・津波について、宍喰に於ける余震の特性を考察するとともに、数値計算に基づく当時の津波の再現を行っている。
Googleマップ
備考
「震潮記」は田井家の子孫の妻・田井晴代氏によって平成18年に現代語訳が出版された。
参考画像
参考文献
井若和久・田邊晋・大谷寛・上月康則・村上仁士「田井家『震潮記』にみる徳島県宍喰の地震・津波について~1854 年安政南海地震を対象に~」(歴史地震研究会編「歴史地震No.22」歴史地震研究会、2007年、所収)、85-94頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 津波 田井久左衛門宣辰 震潮記 余震特性
NO.
徳島287

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)、南海地震が発生した。海陽町宍喰に現存する古文書「震潮記」には安政南海地震による約1年間に及ぶ余震の記録が残されている。この研究で... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海地震が発生した。この研究では、徳島県沿岸部の歴史資料(書籍、地方誌、石碑)から、安政南海地震(1854年)及び昭和南海地震(... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、安政南海地震・津波に関する碑として、宇佐町萩谷の「南無阿弥陀仏」碑(土佐... 続きを読む