昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)の南海地震(M8.0)により、徳島市では死者2人、全壊家屋23戸の被害を受けたが、詳細な被害様相は記録されておらず、被害のメカニズム等も明らかになっていない。このため、この研究では、徳島市が昭和南海地震の体験者120人分の体験談をまとめた「昭和南海地震体験談に見る徳島市の姿と知恵」をもとに、昭和南海地震における詳細な震度分布を把握するとともに、津波の遡上及び噴砂現象についても検討を行っている。
Googleマップ
参考文献
黒木裕介・上月康則・大谷寛・村上仁士「体験談に基づく昭和南海地震における徳島市の震度分析」(土木学会四国支部編「土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集Vol.10」(土木学会四国支部、2003年、所収)、78-79頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 死者 体験談 津波 噴砂
NO.
徳島285

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。徳島県では県南部の津波被害が甚大であったため、徳島市の被害は注目されてこなかった。この研究では... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日に起こった昭和南海地震の地震・津波により、徳島県では甚大な被害を受けており、県南部を中心に南海地震体験談がとりまとめ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震が発生した。南海地震防災を考える上で、過去に起きた地震のアスペリティの位置を捉えておくことが重要である。この研究では、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。この論文では、愛南町の久良小学校の協力のもと、全児童51人に対して昭和南海地震などの地震体験談... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。その体験者の多くはまだ健在であり、体験談を収集して共有することは地域防災活動に有効である。そこ... 続きを読む