明治21年の洪水

災害年月日
1888年07月00日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治21年(1888)7月、洪水により、石井町西覚円の堤防が決壊し、多くの民家が流され人命が奪われた。その時、モチの木によじ登り助けを求めた人々がいたが、上流から流れてきた民家が引っ掛かり、モチの木が根元から倒壊し、木も人も濁流に流された。洪水の後、住民は被害の原因が県による堤防工事が遅れたことと内務省の低水工事にあるとして、内務省の改修廃止を県に働きかけ、低水工事は中止された。これは「覚円騒動」として伝えられている。
Googleマップ
備考
西覚円の破堤場所付近には愛宕地蔵が建てられている。
参考画像
参考文献
国土交通省四国地方整備局徳島河川国道事務所編「吉野川探訪ガイドブック」(国土交通省四国地方整備局徳島河川国道事務所、2006年)、8頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 吉野川 西覚円 堤防決壊 死者
NO.
徳島6245

よく似た災害

明治21年の洪水

明治21年(1888)7月、洪水により、石井町西覚円の堤防が決壊し、多くの民家が流され人命が奪われた。その時、モチの木によじ登り助けを求めた人々がいた... 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)7月31日、吉野川は大洪水となり、名西郡西覚円村では引堤工事が完成していない箇所から濁流が浸入して堤防が決壊し、ついに300間ほ... 続きを読む

明治21年7月の洪水

image

明治21年(1888)7月31日、洪水により、9割方完成した西覚円の新堤防が369間(664m)にわたり決壊し、人家78戸が押し流され、26人が亡くな... 続きを読む

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)7月30日~31日の暴風雨により、吉野川は大洪水となり、九分通り完成していた新堤防は決壊し、直下の西覚円・高畑(現在の石井町)の... 続きを読む

明治18年の茶園嶽崩壊

image

明治18年(1885)7月1日、台風により、吉野川は大洪水。脇町の曽江谷川の茶園嶽で大崩壊(土量約50万立米)が発生した。これを契機に、曽江谷川では内... 続きを読む