明治21年の洪水

災害年月日
1888年00月00日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治21年(1888)、洪水により、西覚円の堤防300間が決壊した。吉野川の防御工事の必要性について議論百出したが、結果として国庫により着工したばかりの工事は中断するに至った。
Googleマップ
参考画像
参考文献
澤田健吉「明治・大正期の洪水と治水」(吉野川文化研究会編「シンポジウム 吉野川再考Ⅳ-洪水と洪水遺産-」吉野川文化研究会、1995年)、3頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 西覚円 堤防決壊 吉野川改修工事
NO.
徳島6706

よく似た災害

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)7月、第十堰上流4kmの西覚円村で堤防が決壊し、破堤延長369間、同腹欠け189間、家屋の流失・破壊116戸、溺死27人のほか、... 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)7月、洪水により、石井町西覚円の堤防が決壊し、多くの民家が流され人命が奪われた。その時、モチの木によじ登り助けを求めた人々がいた... 続きを読む

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)7月、洪水により、石井町西覚円の堤防が決壊し、多くの民家が流され人命が奪われた。その時、モチの木によじ登り助けを求めた人々がいた... 続きを読む

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)7月、洪水により、石井町西覚円付近の堤防が決壊した。この時の洪水で、県事務所が間借りしていた民家を含む43戸が押し流され、土木監... 続きを読む

昭和21年の洪水

昭和21年(1946)7月、出水により、拝志堤防1箇所、南吉井堤防1箇所が決壊し、濁流が耕地を襲った。昭和18年、20年、21年と続く災害に、地元住民... 続きを読む