大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月23日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  高潮  
概要
大正元年(1912)9月23日、台風が南海上から徳島の海岸部をかすめて阪神地区に上陸したため、徳島の最大風速は北西の風16.7m/秒にすぎなかったが、徳島の降水量は551ミリに達した。台風最接近時には大波が打ち寄せ、高潮被害も発生した。徳島平野は一面泥の海と化した。被害は死者81人、行方不明14人、家屋の全壊426戸、床上浸水26,708戸に及んだ。
Googleマップ
備考
吉野川市山川町には、洪水痕跡を示した石柱と昭和2年に完成した吉野川第一期改修を記念する碑が建っている。
参考画像
参考文献
建設省徳島工事事務所編「高地蔵探訪ガイドブック」(建設省徳島工事事務所、1998年)、18頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 吉野川 高潮 死者
NO.
徳島6251

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)、洪水により徳島平野全域が大洪水に見舞われた。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日午前11時から翌24日午前4時まで、台風が猛威を振るった。この台風により、完成したばかりの羽根尋常高等小学校の2棟が倒壊... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日~22日に徳島県南岸から阪神に上陸した台風により、徳島では21日昼から翌日早朝までに600ミリを超える雨量のところもあり... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月、台風が県南の海岸をかすめて阪神地区に上陸し、洪水、高潮による被害が大きかった。吉野川では苅萱堤が決壊し、善入寺島でも10数軒... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日~25日、大暴風雨により未曾有の大水害が発生した。被害は、家屋の流失24戸、全壊14戸、半壊145戸、負傷1人、牛馬の流... 続きを読む