昭和34年の伊勢湾台風

災害年月日
1959年09月26日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風により、九頭宇谷川が決壊、宮河内谷川は洪水があふれ、板野郡土成町、上板町と鳴門市(北灘町)には災害救助法が発動され、被害は死者5人、行方不明1人、住宅の流失5戸、全壊73戸、半壊223戸、被害総額は20億5,000万円に及んだ。
Googleマップ
参考文献
毎日新聞社編「吉野川」(毎日新聞社、1960年)、108頁及び126頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
伊勢湾台風 九頭宇谷川 宮川内谷川 災害救助法 死者
NO.
徳島6377

よく似た災害

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)により、徳島県下の被害は死者4人、行方不明1人、負傷者24人、家屋全壊25戸、半壊37戸、水... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号により、警戒水位を3、4m越す大洪水となり、伊野町を含む14の市町村に災害救助法が発動された。死者・行方不明者... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号により、被害が出た。今治市ほか3市7町15村に災害救助法が発動された。 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風が来襲し、土成町では明治以来最大の水害が発生した。九頭宇谷川の翫城地橋下流の左岸堤防200mが決壊し、濁流... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風により、死者2人、負傷者71人、住家の全壊108世帯、半壊61世帯、床上浸水68世帯、床下浸水92世帯の被... 続きを読む