明治21年7月の洪水

災害年月日
1888年07月31日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治21年(1888)7月31日、洪水により、9割方完成した西覚円の新堤防が369間(664m)にわたり決壊し、人家78戸が押し流され、26人が亡くなり、560余人が住家を失う被害が発生した。覚円地区の住民は、県による引堤工事の遅延と、内務省が施工した沈床工が激浪を起こしたことが惨害の原因であるとして、荒蕪地の田畑の買い上げ、損害金の下付などを求め知事に強訴する覚円騒動に発展した。同年10月に徳島県議会では吉野川改修工事廃止が決議され、内務省は吉野川改修工事の中止を決定した。(真貝宣光)
Googleマップ
参考画像
参考文献
とくしま地域政策研究所編「吉野川事典-自然/歴史/文化」(農山漁村文化協会、1999年)、61-62頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 吉野川 堤防決壊 死者 覚円騒動
NO.
徳島6676

よく似た災害

明治21年9月の洪水

明治21年(1888)9月11日、洪水により、東覚円の堤防80間が決壊し、ついで西覚円村緑地区の切れ残りの堤防80余間が崩壊し、居宅5戸と7月31日の... 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月、吉野川の洪水で、死者329人の大被害が出た。徳島県議会は吉野川改修工事廃止の建議を撤回し、同26年から内務省に再び吉野川改... 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)7月、洪水のため、吉野川で工事中の西覚円堤防が300間にわたって決壊し、人家流失80戸、死者30余人の被害を出した。その中には県... 続きを読む

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)7月30日~31日の暴風雨により、吉野川は大洪水となり、九分通り完成していた新堤防は決壊し、直下の西覚円・高畑(現在の石井町)の... 続きを読む

明治21年7月31日の洪水

明治21年(1888)7月31日、西覚円村、西条村、瀬部村などの堤防決壊により、吉野川改修工事中止の因となった。 続きを読む