慶応2年の洪水

災害年月日
1866年00月00日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)、那賀川の洪水のため、医師の岸玄碩先生ら8人が壊れた家の天井板に乗り、洪水の中を流されたが、普段信仰している城山神社を拝み、一里ほど流されて助かった。(「那賀川の民話・伝説」による)災害に遭っても、最後まで諦めるなということを伝えている。
Googleマップ
備考
城山神社には奉納した絵馬の複製が掲げられている。
参考画像
参考文献
和田一範・松尾裕治・山本基・武田由美子「四国に伝わる災害の教訓に関する考察」(土木学会土木史研究委員会編「土木史研究講演集Vol.27」2007年)、305頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
洪水 那賀川 岸玄碩 那賀川の民話・伝説 教訓
NO.
徳島7358

よく似た災害

慶応2年の洪水

image

慶応2年(1866)、那賀川の洪水のため、医師の岸玄碩先生ら8人が壊れた家の天井板に乗り、洪水の中を流されたが、普段信仰している城山神社を拝み、一里ほ... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月5日より大雨が続き、7日夜に風雨ますます激しくなり、大水になった。上大野町の医師・岸玄碩先生が城山神社に奉納した絵馬には、那賀... 続きを読む

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)、上那賀町の高磯山崩壊により、那賀川の水がせき止められ、薬師堂が浮いて約300m流され、せき止められた土砂の崩壊により再び元の場... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月2日、那賀川で大洪水、那賀川下流の土手切れる。(那賀川洪水・災害年表による) 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月2日、那賀川で大洪水、那賀川下流の土手切れる。(「徳島県災異誌」による)(那賀川における災害年表) 続きを読む