昭和49年の台風18号

災害年月日
1974年09月00日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和49年(1974)9月、台風18号により、吉野川では戦後最大の洪水となったが、被害は上流無堤地区と下流内水地区での氾濫によるものにとどまった。これは河川改修が進み、上流部に早明浦ダムが完成したためであった。
Googleマップ
参考文献
鈴木幸一「四国における自然災害 洪水」(土質工学会編「土と基礎Vol.39-9」土質工学会、1991年、所収)、59-60頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 吉野川 洪水 早明浦ダム
NO.
徳島7379

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月11日夜半~12日、台風17号が襲来したが、烏川改修のほぼ完成と香宗川岸本放水路の完成により、最悪の事態は回避することができ... 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号が高知県土佐町付近に上陸、四国西部を北上、日本海に抜けた。川島町内の被害は農産物被害508万円にとどまった。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により大きな被害を受けた。一方、国分川改修の実現にとっては好機となった。国分川南岸の人々の永年の主張が認め... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む