昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
愛媛県四国中央市(川之江市)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号に伴い雨が間断なく降り続き、被害が市内全域に及んだ。小河川、水路の氾濫による床上・床下浸水、山間部の崖崩れが各所で起こり、道路決壊、崖崩れによる住居の全半壊、河川堤防の浸食、ため池堤塘の崩壊等を招いた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川之江市誌編さん会編「川之江市誌」(川之江市、1984年)
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 崖崩れ
NO.
愛媛479

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月7日~13日まで7日間続く豪雨と、9月10日~13日の台風17号により、大被害となった。11日早朝より各所で山崩れ、道路決壊... 続きを読む

昭和38年の集中豪雨

昭和38年(1963)8月9日、台風9号に伴う集中豪雨により、日向谷及び父野川の奥地が被害を受けた。特に父野川節安地域では山崩れ、崖崩れが各地で起こり... 続きを読む

昭和38年の集中豪雨

昭和38年(1963)8月9日、台風9号に伴う集中豪雨により、日向谷及び父野川の奥地が被害を受けた。特に父野川節安地域では山崩れ、崖崩れが各地で起こり... 続きを読む

昭和27年の干ばつ

昭和27年(1952)7月21日~8月31日、干ばつにより、特に南予地区で水騒動が各所で起こった。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月18日~21日、台風7号により降雨があり、山岳地帯では連続雨量600ミリを超え、日雨量300ミリを記録した。このため、東予の... 続きを読む