昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年07月22日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)7月22、23日頃から8月末に至る約40日間、酷暑大旱にして驟雨なく、比較的用水豊富な市内の田んぼも亀裂が生じ、遂に灰白色となり、葉末は黄色を呈するに至った。このため、8月中旬頃から各地で灌漑井を急設し電力で揚水し、その数約30に及んだが、概ね水量が少なく如何ともすることができなかった。9月1日、5日、8日に慈雨があり、ようやく解消するに至った。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日浅繁一郎編「今治市誌」(今治市、1943年)、984頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛608

よく似た災害

昭和5年の干ばつ

昭和5年(1930)、降雨量が少なく、飲料水が欠乏し、安田名は三樫尾谷より竹百束以上の筧により取水するに至った。しかし、稲作、煙草作は大豊作であった。... 続きを読む

大正12年の大干ばつ

image

大正12年(1923)8月から9月にかけて40余日打ち続く干ばつに困り果てた萩原村が、大谷池の横井水溜まりの地面を掘り割って集水し発動機で揚水している... 続きを読む

元禄6年の干ばつ

image

元禄6年(1693)、田植え時期になっても降雨がなく、越智郡一帯は大干ばつとなった。各地で雨乞い祈祷が行われたが、6月半ばに至るも効験がなく、代官所で... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)4月7日大風雨があり、その後日照りが95日間続き、7月13日に至った。餓死者が出た。(高松市史年表による) 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)、大干ばつ。大正13年度に引き続いての干ばつで、各地で水源地の掘り下げが行われ、動力で揚水。 続きを読む