昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)、大干ばつのため、小野村では神社、寺院で雨乞い祈願を行ったり、皿ヶ嶺(1,271m)のお水貰い、河之内(川内町)の雨瀧参りなどを行ったが、雨は容易に得られなかった。このため、土瓶水が用いられた。
Googleマップ
参考文献
愛媛県土地改良事業団体連合会編「愛媛の土地改良史」(愛媛県、1986年)、562頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 小野村 雨乞い 土びん水
NO.
愛媛1830

よく似た災害

大正12年の干ばつ

image

大正12年(1923)、大干ばつのため、大山祗神社で千人踊りの雨乞いを行った。 続きを読む

宝暦12年の干ばつ

image

宝暦12年(1762)春から雨が十分ではなく、5月に入っても降らず、今治藩内の北方では池の水がないため蒼社川の水を落として漸く田植えを行った。このため... 続きを読む

昭和6年の干ばつ

昭和6年(1931)、干ばつ、凶作のため雨乞いを行った。 続きを読む

文久元年の干ばつ

image

文久元年(1861)5月9日から毎日天気が続き、組々では雨乞いの祈祷などをたびたび行ったが、効果がなかった。そこで、7月8日に宇都宮神社で、大瀬、村前... 続きを読む

昭和5年の干ばつ

昭和5年(1930)7月初めから8月にかけて降雨がなく、稲は枯死状態になった。大森山頂で仏式の雨乞い祈願を行うなどしたが、雨は降らなかった。このため、... 続きを読む