昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年09月17日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)8月、大干ばつ。6月中旬~7月上旬、7/22~8月末まで酷暑大日照り降雨なし、電力揚水の灌漑用水井戸約30箇所掘る。水田被害15万円。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治市誌編さん委員会編「新 今治市誌」(今治市、1974年)、42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛611

よく似た災害

昭和40年7月~8月の干ばつ

昭和40年(1965)7月下旬から8月下旬にかけて、干ばつとなり、本県では水道、電力事情の悪化はもちろん、水田の灌漑用水が不足して水稲は枯死寸前となり... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月26日~9月11日の48日間降雨なし(松山気象台最長記録)。玉川町では灌漑井戸、水路、ポンプ設置。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)6月中旬~7月上旬と7月22日~8月末まで降雨なし、木地で灌漑井戸掘30箇所、8月26日に奈良原山頂で雨乞祈祷。 続きを読む

昭和48年の干ばつ

昭和48年(1973)7月13日から9月13日までの63日間渇水となり、第1次から第5次に至る給水制限が実施された。8月6日~23日には陸上自衛隊善通... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月22、23日頃から8月末に至る約40日間、酷暑大旱にして驟雨なく、比較的用水豊富な市内の田んぼも亀裂が生じ、遂に灰白色となり、... 続きを読む