昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県上島町(弓削町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、弓削島は0.5~1.0mの地盤沈下をこうむり、海岸の畑や県道の浸水・流失事故が多くなった。このため、年々護岸工事やテトラポットによる消波工事に莫大な費用を必要とするようになり、一時弓削町の経済負担は大変なものであった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
弓削町編「弓削町誌」(弓削町、1986年)、17頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下
NO.
愛媛741

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震。地盤沈下のため、海岸保全工事が必要となった。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、大洪水により粟島の藍は水浸しとなり、家屋、家財に莫大な被害が出た。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、大洪水により粟島の藍は水浸しとなり、家屋、家財に莫大な被害が出た。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海沖でM.81の大地震が発生した。県下では、21日午前4時19分頃、震度4~5の地震に襲われた。この時、北条... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が紀伊半島・四国沿岸を襲った。今後巨大地震が起きることが想定されており、津波に対する早急な対策が必要とされている。... 続きを読む