明治5年の地震

災害年月日
1872年03月14日
市町村
愛媛県今治市(吉海町)
災害種類
地震・津波  
概要
明治5年(1872)2月6日から3月6日まで、1ヶ月間の長期にわたって、断続的に地震が起こり、人々に恐怖を与えた。(椋名の庄屋・柳原家の記録「柳原家記録願控」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
矢野勝明ほか編「吉海町史」(吉海町、1971年)、435-437頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 柳原家記録願控
NO.
愛媛764

よく似た災害

明治5年の地震

明治5年(1872)2月6日から3月6日まで、1ヶ月間の長期にわたって、断続的に地震が起こり、人々に恐怖を与えた。(椋名の庄屋・柳原家の記録による) 続きを読む

嘉永6年の干ばつ

嘉永6年(1853)5月22日から8月12日まで、夕立、小雨を除いて、雨が降らず、干ばつとなった。各所で雨乞い祈祷が行われたが、旱害がひどく、稲作皆無... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、日本の記録以来最大の大地震が起こった。佐喜浜には、「暁印の置文」に後人が書き添えした文面が残っている。これによると、家... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震、津波が起こり、佐喜浜村で50人、西寺、東寺(津呂、室津方面)で400人、甲浦で350余人、阿波宍喰で3,806... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、大地震。七日七夜の間、天地震動し、多大の損害を与えた。 続きを読む