昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日未明、南海沖でM.81の大地震が発生した。県下では、21日午前4時19分頃、震度4~5の地震に襲われた。この時、北条市では約60cmの地盤沈下をきたし、以後海岸保全工事の必要に迫られることになった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北条市誌編集委員会編「北条市誌」(北条市誌編纂会、1981年)、62頁及び68頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 海岸保全工事
NO.
愛媛820

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震。地盤沈下のため、海岸保全工事が必要となった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、南予から東予地方にかけて40~80cmの地盤沈下をきたし、吉田町でも被災した海岸地区の高潮対策とし... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、詫間町の海岸線では60cmもの地盤沈下が起こった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の地震により、禎瑞新田で家屋の倒壊、一部堤塘の崩壊、潮水の噴出、地盤沈下等があった。禎瑞地区の地盤沈下は約20cmで... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海地震が起こり、地震と津波の犠牲者は高知県で679人、徳島県で211人、香川県で52人、愛媛県で26人... 続きを読む