文政6年の干ばつ

災害年月日
1823年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
文政6年(1823)夏、旱損松山領内で11万石。(「松山叢談」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市編「松山市誌」(松山市、1914年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 松山叢談
NO.
愛媛833

よく似た災害

文政3年の干ばつ

文政3年(1820)夏、旱。損松山領内にて11万石。(「松山市史」による) 続きを読む

文政3年の干ばつ

文政3年(1820)夏、旱損、松山領内で11万石。(「日本気象史料(松山市史)」による) (註)文政6年の記事内容と一致するので、松山市史の誤記であろ... 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月より、干ばつのため、植え付けが相整わない所が多く、雨乞い、祈祷が各所で行われた。(「松山叢談(増田家記)による)/12月19日... 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月、干ばつ。(「松山叢談」による) 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)、伊予国各地で洪水があり、松山領内では石手川の土手100間余が決壊した。 続きを読む