文政6年の干ばつ

災害年月日
1823年06月00日
市町村
愛媛県
災害種類
渇水  
概要
文政6年(1823)5月より、干ばつのため、植え付けが相整わない所が多く、雨乞い、祈祷が各所で行われた。(「松山叢談(増田家記)による)/12月19日、当夏の干ばつにより、御損毛116,258石余の御届あり。(「松山叢談(某家記)」による)/文政6年、松山領内で騒動。その原因は干ばつのために田植えが行われず、百姓が困惑する折柄、当時の政道も振るわなかったためである。(「愛媛県農業史」による)
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、48頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 雨乞い 松山叢談 増田家記 愛媛県農業史
NO.
愛媛1459

よく似た災害

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)6月~7月、干ばつにより、稲植え付けが困難となる。(「松山叢談」による) 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)大旱、次に大水、損害特に夥し。(「新居郡誌」による)/大干ばつのため凶年、享保に次ぐ災害なり、家中人数扶持になす。(「松山叢談」に... 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)、干ばつのため稲の植え付けのできないところが多く、損毛高は116,258石余に及び、最大の凶作となった。この間、家中、郷町でも雨乞... 続きを読む

寛文3年の干ばつ

寛文3年(1663)、干ばつのため、物成三分の一不納なり。(「松山叢談」による)7月、大干ばつのため、不作。(「新居郡誌」による) (註)九州及び江戸... 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月頃から干ばつのため、植え付けができない所が多かった。雨乞い祈祷。 続きを読む